ragubiko’s blog

ラグビー大好きな私のオススメを紹介しています。

そろそろ土用の丑の日の準備を!鰻の話題から有名なうなぎ料理のレシピまで

🕖2021/07/15  🔄2022/07/21

こんにちはsannigo(さんご)です。いつもありがとうございます。

今回は、記録的に短かった梅雨が明けていきなりのカンカン照りの暑さにバテテいるみなさまが待ち望んでいる7月23日(土)と8月4日(木)の「土用の丑の日」にちなんで、うなぎの話題や有名うなぎ料理のレシピをまで紹介させていただきます。

 

お気づきになられましたか?今年の「土用の丑の日」はうれしいことに2回もあります。張り切ってうなぎを堪能しようではありませんか?

 

なぜ2回あるのって?そもそも、土用とは「立春・立夏・立秋・立冬」の前18日間のことで、その期間中の丑の日を「土用の丑の日」と呼びますから、年によっては2回あるということ。ちなみに、2回めの丑の日のことは「二の丑」と呼ぶそうです。

 

いつもご紹介している「ひかりTVショッピング」人気No.1の『焼津冷蔵 国産深蒸し鰻蒲焼特上2尾400g以上』にも触れていきます。お中元にお悩みならおすすめの逸品です。

 

土用の丑の日といえばうなぎ、おいしそうなうな重[写真AC]

 

 

 

そろそろ土用の丑の日の準備を!

 

いよいよ、7月23日(土)と8月4日(木)の「土用の丑の日」が近づいてきましたよ。そろそろ準備しなくちゃいけませんね。

 

 

鰻の調理法が関東と関西は違う

 

関西の芸人さんが、TVで当たり前のように大阪弁を話すようになった頃、はじめて知ったのですが、鰻の調理方法が関東と関西では違うということをみなさんはご存知でしょうか?

 

ただ、実際に関西の頭付きの蒲焼きを食したことがないため100%正しいとは言いかねませんが、情報として知ったかぶりで書いておきます(笑)

 

関東風=背開き(頭はとる)→素焼き→蒸す→再び焼く⇒柔らかい!

関西風=腹開き(頭はつけたまま)→焼く⇒パリッと香ばしい!

  

関西の鰻蒲焼には頭が付いているんですね。

 

捌き方の違いについては、武家社会の関東では切腹に通じることのない「背開き」、商人社会の関西では腹を割って話せると解釈して「腹開き」をするという説があります。

 

関東の背開きには、串を打って蒸すときに身の厚い背に串がさせて安定するという利点もあり、調理法としても理にかなっているようです。

 

関連記事>>

この夏テレビを買い換えるならハイセンスが最大20,000円引きのキャンペーンはどう? - ragubiko’s blog

 

鰻と梅干の食べ合わせ

 

子供の頃から「鰻と梅干は食べ合わせが悪い」と言われ育ってきました。

 

ところが、医学的には梅干は胃酸を濃くして鰻の油分の消化を助けるので、一緒に食べることは逆に好ましいそうで、この言い伝えは単なる迷信だったようです。

 

どうしてこのような迷信が生まれたか気になりますよね。この件についてはいろいろな説があるそうです。いくつか紹介していきましょう。

 

◯贅沢の戒め説

 

梅干は胃酸を分泌させ、食欲を増進させます。それで梅干を食べて食欲が増して高価な鰻をたくさん食べられてはたいへん!そこで贅沢を戒めるために生まれたのではないかという説

 

◯過食の戒め説

 

鰻も梅干も食がすすむ食材です。脂っこい鰻も梅干を食べながらだとつい食べ過ぎてしまうので、食べ過ぎを防ぐ意味ではないかという説

 

◯栄養の消失説

 

梅干には、脂っこい食物をさっぱりさせる性質があるため体内でせっかくの鰻の栄養分が消されてしまうのではないかと心配したためという説

 

◯食中毒の予防説

 

鰻が腐っていたら酸味がある。梅干を一緒に食べると梅の酸味のせいで鰻が腐っていることが判らないためという説

 

鰻の食べ合わせの言い伝えだけでも、こんなにいろんな説があるとは驚きます。

 

やはり、昔から人々は食べ物を大切にしていたため、鰻に関してもいろいろな事を考えて知恵を働かせていたのでしょうか。

 

鰻以外でもいろいろな食べ合わせの言い伝えがありますが、それぞれにたくさんの知恵が詰まった説があるのでしょうが、今回はやめておきます。

 

ちなみにアラ還世代の私は、土用の丑の日だからと言って人気の鰻屋さんに並んでおいしいうなぎをいただくことはなかなか難しい経済状況にありまして(泣)

 

関連記事>>

【ひかりTVショッピング】開催中のお得なセール・キャンペーン全部載せてます - ragubiko’s blog

 

そこで、スーパーのうなぎも老舗の鰻屋さん並みに美味しくなる調理方法があるそうなのでご紹介します。これでお財布にやさしいスーパーの鰻でもおいしくいただけそうで一安心です。

 

スーパーのうなぎが老舗の鰻屋さんみたいに美味しくなる調理方法

 

ちょいとお求めやすいスーパーのうなぎの蒲焼きの写真[写真AC]

 

スーパーのうなぎにたっぷりかかっている甘い醤油のおいしいタレは、原産地が中国やインドネシアなどのうなぎの蒲焼きの強い脂の酸化を防ぐ役割があるからなんですって。

 

スーパーのうなぎをおししくいただくためには3つのポイントがあるようです。

 

ポイント①

おいしいタレですが、一度洗い流します。

 

ポイント②

きれいになったうなぎは、電子レンジで20秒ほど温めて身をふっくらさせます。

 

ポイント③

ふっくらしたうなぎを、魚グリルなどの直火で皮面から軽く焼き直します。焼き直すことで身に染み込んだタレの香ばしさが出ます。

 

ただ、しっかりと火を通す必要はないそうですし、ひっくり返す必要もないのでサッと焼きましょう。もしひっくり返すと、きっと柔らかいうなぎの身がくずれてしまいます。

 

そうやって軽く炙ったうなぎに添えられているおいしいタレをつけ直します。そうすれば老舗の味に近づくはずです。

 

有名なうなぎ料理

 

【鰻ざく(うざく)】


さっぱりとした三重県発祥のうなぎ料理

 

《作り方》

①タレを洗い流して軽く炙ったうなぎ1くしを7mm程度に刻みます。

②2mm幅に薄く輪切りしたキュウリ2本と薄く千切りした生姜を適量を一緒に【三杯酢】で和えます。

【三杯酢の材料】

だし汁         大さじ4

酢(穀物酢でも米酢でもOK)大さじ2

醤油(あれば薄口)     小さじ2

みりん         小さじ2


【うなぎのわさび酢和え】

 

さっぱりと美味しいお酒のおつまみに

 

《作り方》

①夏野菜のキュウリ2本をを2mmくらいの薄さの輪切りにし小さじ1/2の塩でもみます。

②タレを洗い流して軽く炙ったうなぎ1くしを7~8mm幅に切ります。

③ボウルに【わさび酢】の材料を入れて混ぜ、うなぎとキュウリを加えてよく和えます。

【わさび酢の材料】

・おろしわさび 小さじ1/2強

・酢      大さじ2

・しょうゆ   小さじ1/2

・砂糖     小さじ1/2 

・塩      少々  

 

ひかりTVショッピングうなぎ情報

 

通販でうなぎを準備されるようでしたら、いつもの「ひかりTVショッピング」でも、人気No.1の 国産深蒸し鰻蒲焼特上があるのです。

 

\ひかりTVシッピングのうなぎはこちら/

【ひかりTVショッピング】うなぎ 人気・おすすめランキング

 

 

《人気No.1のうなぎ》

焼津冷蔵 国産深蒸し鰻蒲焼特上2尾400g以上

[送料無料]
¥7,300 (税込)※軽減税率対象

 おおぶりで身味、脂、柔らかさを兼ね備えた活鰻のみを選別し、独自の製法で深蒸しにしました。

 

焼津冷蔵 国産深蒸し鰻蒲焼特上2尾400g以上

 

【商品の特徴】

国内で養殖したジャポニカ種の中で、厳格な社内品質基準を満たした、おおぶりで身味、脂、柔らかさを兼ね備えた活鰻のみを選別し、独自の製法で深蒸しにしました

ヒレを除去し、通常と異なる無頭背開きにし、独立した蒸庫を使用して旨味を逃がさぬよう、最大101℃の高温でふっくらと蒸し上げ、余分な脂のみを逃がすことで、鰻の旨味を一層引き出しています。

焼き→蒸し→焼き→蒲焼(タレ)3回焼きの行程を行うことで、独特のふっくら柔らか感と、身味を両立しています。

また、鰻にはつき物の小骨感を初回強く焼くことで軽減しています。

深蒸しならではのふわりとした食感を是非ともご賞味ください。

 

《人気No.2のうなぎ》

 

鰻楽 宮崎県産うなぎ蒲焼[長焼]2尾計340g

[送料無料]
¥6,200 (税込)※軽減税率対象

宮崎県で産地を指定したうなぎは、地下水を使用し、熟練した養鰻家たちの手で大切に育てられています。

 

鰻楽 宮崎県産うなぎ蒲焼[長焼]2尾計340g


【商品の特徴】

宮崎県で産地を指定したうなぎは、地下水を使用し、熟練した養鰻家たちの手で大切に育てられています。

その中からさらに、肉質や味などを厳重にチェックし、身のやわらかな旨みのあるうなぎだけを使用しています。

着色料不使用のこだわりのタレで、素材の味を十分に生かしながら、炭火工程を入れ香ばしく丹念に焼き上げました。

 

※こちらの商品情報は2021年7月21日時点のものです。価格は市場により変動する場合がありますのでご了承ください。

 

関連記事>>

毎週木曜日は【日用品の日】おむつだってまとめ買いのチャンス!対象の日用品が3%OFF - ragubiko’s blog

 

 

まとめ

 

今回はそろそろ土用の丑の日ということで、いろいろな鰻の話題から有名なうなぎ料理のレシピまで調べてアップしてみました。

 

何より体が欲しているのか、それともTVCMやネットニュースに踊らされているのか、この頃ただただあの香ばしいうなぎの蒲焼きが食べたくて仕方ないのです。

 

それでも決して裕福ではない我が家なので、土用の丑の日をひたすら待ちわびているのもアレなので、鰻について調べまくってやりました(笑)

 

関東と関西でうなぎの調理法がそうですが、東海に住んでいるおかげか、それとも全国的なのかはわかりませんが、最近はどちらのタイプのお店もあるのでお好みで選べますよね。

 

スーパーのうなぎを美味しく頂く方法をしたがって、しっかりタレを洗い流してからちょっと炙って、甘くて辛いおいしいタレをたっぷりとつけて頂く予定。あ~楽しみ♪

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。では、またです。